C# 入門

ホーム > ClosedXML を用いて Excel ファイルを操作する方法 > ClosedXML のインストール

ClosedXML のインストール

ここでは ClosedXML をインストールする方法について説明します。

ClosedXML とは何か、ということについては 「ClosedXML とは」をみてください。

利用している環境は Visual Studio 2015 の C# プロジェクト (コンソールアプリケーション) です。

このプロジェクト内で ClosedXML を利用するために、ClosedXML への参照が必要です。 次のように NuGet からパッケージをインストールします。

ツール (Tool) メニューから NuGet パッケージマネージャを選択し、パッケージマネージャ・コンソールを選択します。

既定ではエディタウィンドウの下にビューが開きます。ここでコマンドを実行できます。

ClosedXML をインストールするには次のコマンドを実行します。

PM> Install-Package ClosedXML

正常に終了すると、参照 (References) の中に ClosedXML が追加されます。

ASP.NET での利用

「ASP.NET Web アプリケーション」プロジェクトでは、上記と同様に NuGet パッケージマネージャからインストール可能です。

問題は Visual Studio のソリューションを利用しない場合は、次の方法で利用できます。

GitHub から ClosedXML のソースをダウンロードします。これを Visual Studio でビルドすれば、ClosedXML.dll と DocumentFormat.OpenXml.dll が出力されます。

これらのアセンブリを ASP.NET の bin ディレクトリに配置すれば OK です。

ホーム > ClosedXML を用いて Excel ファイルを操作する方法 > ClosedXML のインストール