C# 入門

ホーム > C# の各種トピック > XML

XML

オープンなフォーマットで可読性に優れるということで、複数のシステムの連携に XML が利用されるようになって久しいです。

ところが、それが非常に便利でオートメーションが容易であることから、例えば Web サービスのライブラリを直で使ってしまって、 XML そのものの操作には不慣れとか、そういう状況が起こりがちだったりします。

もちろん、何らかのラッパーが使えるときは使えばいいのですが、生データを扱う場合も少なからず存在するわけです。

ここでは C# 、というか .NET Framework の XML ライブラリの使い方をみていきます。

  • XSD による XML の検証
    XML で何らかのデータの受け渡しをするわけですが、その XML 自体が正しいデータを運んでいることをチェックする必要があります。 これは XSD で簡単に実現できます。
ホーム > C# の各種トピック > XML