C# 入門

ホーム > C# での開発 > C# とは?

C# とは?

スポンサーリンク

C# というのはマイクロソフト社が開発したプログラミング言語のひとつです。C# はシー・シャープと読みます。

.NET Framework で利用できるプログラミング言語はこの他、Visual Basic.NET などもありますが、 TIOBE のプログラミング言語人気ランキングなどを見る限り最も人気があるといえます。

ちなみに 2011年9月のランキングでは .NET Framework 以外の言語を含めても Java や C/C++ に次いで4位です。

C# の言語仕様自体は特に CLI (共通言語基盤) 上で実行されることを要求はしていないそうですが、 .NET Framework を利用した開発で用いられるのがメインです。

ちなみに CLI のマイクロソフトの実装は CLR というものなので、「C# は CLR 上で動くプログラム」と考えて良いでしょう。

あまり細かいことを言っても仕方が無いですからね。

ちなみに、CLR というのは何かということを簡単に説明します。

.NET Framework ではいろんな言語で、いろんな端末で動くということを目標にしています。 それを実現するために、CLI というレイヤーを考えます。CLI なる仕様の具体的な実装としてはマイクロソフトが実装した CLR (共通言語ランタイム) があります。(なので CLR は CLI です)

CLR

Java が Java のソースコードをバイトコードにしておき、それぞれの環境に合わせて実行時にネイティブコードに変換して実行するように、 .NET Framework ではソースコードを IL (中間言語) にコンパイルしておき、それを CLR が実行します。

こうした仕組みによって、ランタイムが環境の違いを吸収してくれるので、一度書いたら CLR のあるところならどこでも動く、ということを目指しています。

IL で直接プログラムを書くことはまず無いと思いますが、IL をみることで C# の理解が深まることもありますので、IL に変換される、ということは頭に入れておくべきです。

スポンサーリンク
ホーム > C# での開発 > C# とは?