C# 入門

ホーム > マイクロソフトレポート > ページヘッダにレポート出力時刻を表示する方法

ページヘッダにレポート出力時刻を表示する方法

この資料では「はじめてのマイクロソフトレポート」で作ったレポートを発展させます。

前回の簡単なレポートを基にして、ページヘッダにプリント出力時刻を出力する方法 を示します。

レポートのデータ表示の基礎である Expression の利用方法の基礎でもあります。

ページヘッダにレポート出力時刻を表示

ページヘッダの挿入方法

ページヘッダは次の二通りで挿入できます。

レポートデザイナで右クリック、ここで挿入 (Insert) から ページヘッダ (Page Header) を選択。

マイクロソフトレポート

もうひとつの方法は、レポートデザイナを開いたときに表示されるレポート (Report) メニューからページヘッダの追加 (Add Page Header) を選択する方法です。

マイクロソフトレポート

かたやページヘッダの挿入 (Insert)、かたやページヘッダの追加 (Add) と表現がブレてますが、それは気にしないでおきましょう(笑)。

これでレポートにヘッダが追加されました。

マイクロソフトレポート

レポート出力時刻の表示

レポートヘッダ上にテキストボックスを配置してください。それを右クリックして、Expression... を選択します。

マイクロソフトレポート

Expression エディタの "Built-in Fields" カテゴリの ExecutionTime をダブルクリックします。 すると Expression の Value として Globals!ExecutionTime が設定されます。

マイクロソフトレポート

レポートを実行すると確かにレポートの出力時刻(実行時刻)が表示されます。

マイクロソフトレポート

ホーム > マイクロソフトレポート > ページヘッダにレポート出力時刻を表示する方法